トヨタ G Sports FT-86の高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

今からトヨタの話題をお届けするが、新たなリコールのニュースではないので安心してほしい。この程、トヨタは独自にカスタマイズカーを開発し、「G Sports(Gスポーツ、通称G's=ジーズ)」シリーズの名称で2010年内に販売を開始することを明らかにした。

トヨタは「G Sport」の名の下、先月の東京オートサロンで、新しくカスタマイズされた3台のコンセプトカーをお披露目したばかり。そのうち、ボディーキットを装着したプリウスは今一つの仕上がりで、マークXのチューンナップ車はカムリをハードに仕立てただけという印象だった。そんな中、大勢の目を引いたのはターボチャージャー搭載のFT-86だった。エアロパーツをフル装備し、サスペンションとブレーキをチューンしたFT-86は観客の注目の的となっていた。

Related Gallery:Jawbone Mini Jambox review


トヨタ「G Sport」が、フォルクスワーゲンの「Rライン」BMWの「M」部門、メルセデス・ベンツの「AMG」ユニットと異なるのは、トヨタ本体といくつかの関連カスタマイズメーカーとが一体となってチューンを行う点だ。

これまでトヨタの外装パーツを請け負ってきたトヨタモデリスタ(トヨタのカスタマイズ部門)と、エンジン、サスペンション、ブレーキなどのチューンを行ってきたTRD、そして東京オートサロン向けにハイブリッドMR-Sの車両を手掛けたGazooなどと共同して車を開発する。

「G Sports」は、一般道向けの高性能パーツ開発に力を入れ、レクサスにおけるF スポーツのようなパーツ販売と東京オートサロンのFT-86のような完成モデルの販売を展開していく予定だ。

こうした商品が米国でも展開されるかどうかは不明だが、ターボ装着のFT-86が米国上陸するのであれば、おそらくサイオンあたりから販売されると思われる。





トヨタ G Sports購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!