フェラーリは28日、2010年のF1世界選手権参戦用マシン「F10」を発表。イタリア・マラネロで開催された式典にはチーム代表のステファノ・ドメニカリをはじめ、フェルナンド・アロンソ、フェリペ・マッサ、ルカ・ディ・モンテゼーモロ会長など多くの関係者が出席した。

赤いベールが外され、姿を現したフェラーリ F10は、前後ウイングが白く塗られているのが特徴的。新たに加わったスペイン大手銀行「サンタンデール」のスポンサー・ロゴは、同国人ドライバーであるフェルナンド・アロンソの移籍と無関係ではないはずだ。

テクニカル・ディレクターのアルド・コスタによると、F10の開発は2009年の春に始まり、「戦略的な決定」から昨年のマシン「F60」のアップグレードを犠牲にしてまで、この新型車に集中して来たという。
開発の鍵となったのは、FIAが合法と認めた「ダブル・ディフューザー」だ。


2009年のレギュレーションではディフューザーの上限は175mmと定められていた。しかしマシン中央部にはこの規定が適用されないと「解釈」したブラウンGP、トヨタ、ウイリアムズの3チームは、ディフューザーの中央部に空気の通り道となる穴を開け二重構造としたものを採用。これがダブル・ディフューザーと呼ばれ物議を醸し出した。
結局これは合法であるとFIAによって認められたが、マシンのこの部分だけを変更しても十分な効果は得らず、設計変更はマシン全体に及ぶ必要があった。

チーフ・デザイナーのニコラス・トンバジスは「最大の効果を得るためにはリアアクスル全体を見直す必要があった。ディフューザーのためにより大きな空間を確保しなければならず、ステアリングやサスペンションを変更した。これにより、昨年型マシンと比べてディフューザーはより大きく高い性能を発揮するものになった」と言う。
また2010年はレギュレーションの変更によりレース中の再給油が禁止となる。新しくエンジン部門責任者に就いたルカ・マルモリーニはこの件について「エンジン担当者たちにとって新たな挑戦となる。再給油禁止により燃料消費のパラメータが変わった。これは性能を最大限に引き出すためには非常に重要。燃料の使い方は、エンジニアからドライバーまでチーム全員にかかわる問題だ」と語った。エンジンそれ自体は開発が凍結されたため、昨年のものから変更はない(変えることが出来ない)。
この日の午後にはフェリペ・マッサによるF10のシェイクダウンが予定されていたが、天候の影響でこれは中止となった。状況が整い次第、改めて行われるそうだ。

2009年は優勝わずか1回、表彰台6回と不調に終わったフェラーリ。今年は元世界チャンピオンを新たに迎え、F10でタイトル奪還できるだろうか!?

なおこの発表会の様子とF10の映像は、YouTubeのフェラーリ公式ページで観ることが出来る。


Related Gallery:ferrari f10 unveiled