メルセデスGPのカラーリングの高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

昨シーズンのF1世界選手権のコンストラクターズチャンピオンに輝いたブラウンGPは、メルセデスGPと名前を変え、2010年シーズンに向けて動き出した。

2010年のマシン「MGP W01」が正式に発表されるのは、バレンシアでのテストになる予定だが、その前に昨年のマシンを使い今シーズンの車のカラーリングが発表された。シルバーに彩られたマシンは、新しく生まれ変わったチームの門出にふさわしい雰囲気をかもし出している。

Related Gallery:

発表の場所として選ばれたのは、ドイツのシュトゥットガルトにあるメルセデス・ベンツ博物館。シルバーを基調にしたマシンは、メルセデスが1930年代のレースで全盛を誇り、銀色のメルセデスのレースカーが「シルバーアロー」と言われたことを思い起こさせる。

メルセデス・ベンツが完全なワークスチームとしてF1に参戦するのは1955年以来、55年ぶり。この注目チームでハンドルを握るのは、ニコ・ロズベルグとF1に復活したミハエル・シューマッハだ。7度の世界チャンピオンに輝いたシューマッハが盟友、ロス・ブラウンの下で疾走する姿を早く見たいものである。