フェラーリの2010年型F1マシンが、1月28日の公式発表を前に、フランスのポール・リカール・サーキットで目撃された。新型マシンのテスト走行を行っていたのは、今シーズンからフェラーリに移籍したフェルナンド・アロンソだ。

彼のパーソナルスポンサーを務めるスペインのサンタンデール銀行は、マクラーレンからルノー、そしてフェラーリへと移籍したアロンソを追いかけ、今期からフェラーリの主要スポンサーとなっている。

今シーズンのフェラーリのマシンには、昨年までリアウイングに入っていたバーコード・グラフィックや、フロントウイングにあったシェルのロゴに代わり、サンタンデールのロゴが大々的にペイントされている。また、フェラーリの新しいレーシングスーツを見ても、サンタンデールの名がしっかりと表示されているのだ。

モータースポーツ界で最も名高いフェラーリのマシンにロゴを入れることで、サンタンデール銀行は高い宣伝効果を期待できるだろう。今週の木曜日には公式発表があるのでぜひ注目したい。

さらに、金曜日にはマクラーレンの2010年型マシンのお披露目がネット上でライブ配信されるので、こちらも要チェックだ。





フェラーリ購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!