BMW「M3 GTS」の高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

我々の知る限り、BMWの「E92 M3」はほとんど欠点がない車だ。それでもBMWはさらにM3の性能を追求したコンペティションパッケージを設定するという。

このニュースはBMW情報サイト『Bimmerfile.com』が報じているが、パッケージの詳細はまだ不明。ここでは、『Bimmerfile.com』の予想とともにもコンペティションパッケージの内容を考えてみようと思う。

Related Gallery:2014 Renault Megane: Frankfurt 2013

BMWがコンペティションパッケージを始めたのは2005年。先代の「E46 M3」だ。パッケージの内容は、ホイールのアップグレードやブレーキローター径の拡大、それに粘着性を増したタイヤの装備、サスペンションの強化、「E46 M3」の限定車である「M3 CSL」に使用されたダイナミック・スタビリティ・コントロール(DSC)システムの設置だ。ステアリングレシオもよりクイックになった。インテリアは残念ながら、アルカンターラ製のステアリングホイールやハンドブレーキグリップに若干の不満が残った。また、ステアリングにはDSCによる「Mトラックモード」のスイッチが新たに設置され、マルチファンクションやクルーズコントロールのスイッチが排除された。

「E92 M3」のコンペティションパッケージは「E46 M3」の時と似通ったものになるだろうか? 断定はできないが、あり得るだろう。『Bimmerfile.com』によれば、ホイール径とブレーキローター径の拡大、さらにインテリアのアップグレードが手堅いようだ。興味深い憶測は、オプションの7速マニュアルだ。さらに、こちらも憶測に他ならないが、「E92 M3」の高性能車である「M3 GTS」(メイン写真)の機能が付加される可能性もある。価格は「E46 M3」の場合、通常の「E46 M3」よりも36万円ほどアップしていた。今回のパッケージはこの額を超えてもおかしくはない。

正確な情報はジュネーブモーターショーの時期に近づけば入手できると思う。それ以前でも、皆さんには最新情報が入り次第お伝えするので待っていてほしい。