ハイチ大地震復興支援のためのサイン入りクライスラー300Cの高解像度ギャラリーは下をクリック

大地震に見舞われ、一転して瓦礫の山となったハイチでは、数多くの被災者たちが救助や医療、食糧、水などの支援を求めている。そんな状況の中、高級セダンが支援の役に立つとは思われないかもしれないが、クライスラーは特別仕様車のクライスラー「300C」6台をチャリティーオークションに出品し、寄付金を集めることにしたようだ。

加えて、クライスラーの新CEO、オリバー・フランソワ氏が所有するクライスラー300Cも出品される。同車は17日に行われたゴールデングローブ賞授賞式のレッドカーペットに展示され、会場を訪れた300人余りのハリウッドセレブがサインを添えた貴重な1台だ。

Related Gallery:

特別仕様車の6台は、内装に炭や竹、リサイクル素材を用いてエコ仕様に仕立て上げられている。オークションの収益は、被災したカリブ諸島の救援活動のため赤十字に寄付されるようだ。GMも同様に、アリゾナ州スコッツデールで開催される「バレットジャクソン・コレクションカーオークション」に、2008年に発表された限定生産のコルベットZ06特別限定車を出品すると発表している

オークションの詳細はまたお知らせするとして、まずは下をクリックしてビデオを見てみほしい。サミュエル・L・ジャクソン、サンドラ・ブロック、モーガン・フリーマン、シガニー・ウィーバー、ニール・パトリック・ハリスなど超大物セレブたちがサインをしている様子が見られる。プレスリリース(英語)やギャラリーの写真もあわせてチェックしよう。