へレスサーキットで行われたシューマッハのテスト走行の高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

持って生まれた才能も、使わなければ意味がない。それは、天性のドライビングテクニックを持ち、過去7度のF1ワールドチャンピオンに輝いたミハエル・シューマッハにも言えることだ。復帰を控えレース感を取り戻したいシューマッハだが、F1ではテスト走行に制限がある。そこで目を付けたのがGP2だ。

Related Gallery:2014 Audi A3 Cabriolet




今月12日からの3日間、シューマッハは、スペインのへレスサーキットでGP2マシンのテスト走行を行った。今回ハンドルを握ったのは、スーパーノバの試作マシン。GP2にとっては、シーズン開幕前に、経験豊富なドライバーでマシンの状態が確認できる絶好の機会となった。もちろん、シューマッハにとっても、メルセデスGPでの待ちに待ったF1復帰に向け、いい腕試しとなった。

彼は感覚を取り戻すためのテスト走行で、いきなりすばらしい走りを見せつけている。天候の影響で路面はベストな状態ではなかったが、GP2のコースレコードに迫る記録をたたき出したのだ。しかも、GP2マシンに乗るのは初めてだというから驚きだ。

懸念された首の故障については、まだ万全とは言えないようだが、今のところ大きな問題はなさそうだ。テスト走行の模様をたくさん入手したので、ぜひギャラリーでチェックしてほしい。