2011年型BMW5シリーズの高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

かねてからうわさとなっていた新型BMW 5 シリーズM5」が、ついにベールを脱ぎつつある。新スペックについては様々な憶測推測が飛び交っているが、イギリスの自動車専門誌『Car』は自分たちの予想に自信満々だ。

同誌の取材によると、新型M5は、今年後半もしくは来年初めのモーターショーでデビューを飾った後の2011年に発売されるという。

Related Gallery:2011 BMW 5 Series sedan




それは出力アップを競う時代に終わりを告げる、まさにセンセーショナルなモデルとなるだろう。なぜなら、新型M5は現行のV10から気筒数を減らしたエンジンに変更されるからだ。しかしスピードが落ちるわけではない。新たに搭載されるのは、BMWが既に昨今のモデルに採用している4.4リッターV8ツインターボで、0-100km/hは約0.3秒向上し、最高時速は約250kmを実現する。もちろん、リミッターがなければ300km超えも可能だろう。

8気筒のツインターボから最大限にパワーの引き出すといわれるこのM5は、最高出力が563psから586psに引き上げられ、最大トルクは73.3kgmとなる。同型のエンジンを搭載するX6 M旧M5よりパワーアップしながらも、燃費は30%向上するという。また、回生ブレーキシステムの技術も標準装備されるとのこと。新型M5の登場に期待は高まるばかりだ!