マイクロ・コンパクトカー「スマート」のボディパネルをキャンバスに見立て、自分で描いたデザインを世界中で競い合う「スマート・デザイン・コンテスト」が開催中だ。
センスに自信がある人はまずは特設ウェブサイトにアクセスして参加申し込みしてみよう(上部の "register" から)。言語は全て英語だが難しいことはない。日本からの参加も受け付けている。
メールアドレスとパスワードを入力し、公開するユーザーネームを決める。一般閲覧者の投票が審査結果に影響するから、「プロフィール・ピクチャ」は好感を持たれるようなものにしたい。センスだけでなく容姿にも自信がある人なら、ご自分の顔写真を使うのもいいかも知れないが、世界中に公開されることをお忘れなく。住所や氏名の入力は任意だから必ずしも入れなくていい(入れてももちろん公開はされない)。

登録が済んだら早速デザインしてみよう。
スマート・フォーツーの線画をダウンロードし、使い慣れたソフトウェアで描画・彩色してもいいし、また特に専用ソフトを持っていなくてもウェブサイト上に用意された「コンフィギュレーター (configurator) 」で簡単にデザインすることも出来る。
ボディパネルの色を選び、あらかじめ用意されたマークやグラフィックをスマートの画像の上にドラッグ。マウスで直感的に動かして配置すれば出来上がりだ。ただし用意されているマーク類はごく限られているから(そしてあまりセンスが良いとも言えないから)自分で描いたイラストや撮影した写真の画像をアップロードして使うといいだろう。拡大・縮小はコンフィギュレーター上で出来るが、元の大きさより拡大すれば画像は当然荒くなる。アップロードする前に使いたい画像の大きさとファイル形式を確認しておこう。jpegは使えるがgifは透明部分がうまく反映されなかった。bmpやpsd形式も使えない。
思い通りのデザインが完成したら保存し、タイトルと説明を入力する。
"home" 画面に戻ればいま作成したデザインが "latest designs" に加わっているはずだ。
応募期限は2月23日。2月25日に審査が行われ、受賞者には3月1日に知らされる予定となっている。
気になる賞金は、一般投票を元にプロフェッショナル審査員が決定する「デザイン賞」の優勝が1500ユーロ、2位が1000ユーロ、3位が750ユーロ。
参加者からの人気によって決まる「参加者賞」は優勝800ユーロ、2位500ユーロ、3位300ユーロだ。
優勝してもスマートの実車を購入するにはだいぶ足りないが、これをきっかけに世界的なアーティストとして活躍の場を広げることができれば、ポルシェだって買えるようになるかも知れない。

なお画像は今年の干支に因んでスマートを寅柄にデザインしてみたもの。
諸賢らの健闘を祈る。