「R205」の画像は下記をクリック

スバルはラリーで培った技術を活かし、低重心をキーポイントとする水平対向エンジンや高性能なAWDシステムを採用するなど、エンスージアスト好みのクルマを作るメーカーとして世界中に熱狂的なファンを持つメーカーである。 そんなスバルがファン待望となる、現在最強のスバルコンプリートカーであるインプレッサR205を発売した。

チューニングを手掛けたのは、IRCにインプレッサで参戦するスバルテクニカインターナショナル。 最高出力235kW(320PS)、最大トルク431N・m(44.0kg・m)に高められたエンジンは、 アクセルペダルに足を乗せた瞬間から、自分のイメージに対して一瞬のズレもなく加速するらしい。 そして、フロント6ポット・リヤ4ポットのbrembo製ブレーキは踏んだときに、 自分の思い通りの速度に、思い通りの質感を伴って減速していく贅沢を実現するという。
先代モデルまでは、S201S202S203S204という名前でSTIのSの頭文字が付いていたが、 今回の頭文字は、一転してR。このRはRoad、そしてRunという「ロードスポーツ」を意味する。 今までのサーキット走行を主眼に置いた走りから、「ロードスポーツ」としての一般道における気持ちよい走りを実現するため、 世界の一般道の特徴のすべてが集約されていると言われるドイツのニュルブルクリンクオールドコースで各部をセッティング。 ちなみにベースとなる車両は、シリーズの中で最もスポーツ性の高いWRX STI spec C。
Related Gallery:


主なR205専用装備は下記の通り。
● 専用チューニングECU
● 専用エキゾーストパイプセンター・フロント・リヤ
● 専用ボールベアリングツインスクロールターボ
● 専用強化シリコンゴム製インテークダクト
● 専用低排圧スポーツマフラー
● 専用チューニング・フロントスタビライザー
● 専用サイドシルプレート
● 専用シリアルナンバー
● 専用フロントグリル
●専用リヤオーナーメント


メーカー希望価格4,735,500円(消費税込)
2010年4月25日受注分までの限定400台。
エコカーへ傾倒が著しい自動車業界であり、 機能性ばかりを重視したクルマが増えてきているが、 こういった走る楽しみを持ったクルマも忘れないで欲しいものだ。 ただし、欲を言えば、次のモデルはサイズダウンした軽量エンジンや、 ハイパワーモーターアシスト、あわよくばハイブリッドエンジン等を搭載するなど、 環境性能もUPしてもらいたい。

詳しくは、「R205」HPをチェック!