Marussia B1のビデオは下をクリック

フランクフルトモーターショー色とりどりの新車を発表したロシアのカーメーカー、Marussia。ここ数カ月は影を潜めていたが、水面下では着々と世界市場参入の準備を進めていたらしい。

Marussiaは今回、ヴァージン・レーシングの公式スポンサーになることを明らかにした。ヴァージン・レーシングは、リチャード・ブランソン率いるヴァージン・グループの新しいF1チームだ。

Related Gallery:Frankfurt 2009: Marussia B2 and B1 Hybrid




詳細は不明だが、ヴァージン・レーシングとMarussiaは複数年契約を結び、F1の大舞台で、互いにマシンやドライバー、チームブランドの認知度を高めるようだ。

さらにMarussiaは、ヴァージンのエンジン供給元であるコスワースと契約し、同社からディーゼルエンジン、ドライブトレイン開発に関する技術援助を受けることになる。

全5本のビデオでは、3台のMarussiaの走りや上質なCMが見られる。特に、上背の高い女性モデルが車に乗り込むCMは必見だ。狭い運転席の様子がよく分かるだろう。さらに、詳細を知りたい人のために、公式プレスリリース(英語)も用意した。