スバル「インプレッサWRX STI A-Line type S」の高解像度ギャラリーは下をクリック

今月7日、スバルはインプレッサの新たな特別仕様車「スバル・インプレッサ WRX STI A-Line type S」を発売した。

同時発売の「インプレッサWRX STI」をベースにした「R205」のようなハイパフォーマンスは持ち合わせていないが、それでも十分魅力なモデルと言えるだろう。

Related Gallery:Subaru Impreza WRX STI A-Line Type S




R205が驚異的な最高出力320psを誇るハッチバックであるのに対し、WRX STI A-Line type Sは、特別装備のパッケージを用いてインテリアやエクステリアのスポーティさを高めたモデルとなっている。

このパッケージに含まれるのは、ガンメタリック塗装の18インチアルミホイールやゴールド塗装のブレンボ製ブレーキキャリパー、レカロ製のバケットタイプフロントシート(メーカー装着オプション)、10スピーカーシステムだ。また、ステアリングホイールやドアアームレストには赤のステッチが施されている。

これらの特別装備以外に、パフォーマンスの向上を求める顧客がいるかもしれないが、STI(スバルテクニカインターナショナル株式会社)の確かな技術に、これだけの装飾がプラスされたモデルならば十分満足できるはずだ。

「インプレッサWRX STI A-Line type S」の価格は、325万5000円。販売店に足を運ぶ時間のない人は、下のギャラリーで楽しんではいかがだろうか。