ベントレー・コンチネンタルGTC「シリーズ51」の高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

イギリス高級車メーカーのベントレーは、今年のデトロイトオートショーで「コンチネンタル」の特別仕様、「シリーズ51」を発表した。近々発売されるフラッグシップモデル「ミュルザンヌ」と合わせて、ベントレーからますます目が離せなくなってきた。


Related Gallery:Detroit 2010: Bentley Series 51 Continental GTC



コンチネンタルは、基本仕様だけでも惚れ惚れするような高級車だが、富裕層の中には"普通"のベントレーで満足できない人もいるらしい。そこで新たに加えられたのがシリーズ51だ。51という数字は、ベントレー英国本社にデザイン部門が置かれた1951年に由来している。

シリーズ51は、コンチネンタルの全モデルでオプションとして選ぶことができ、高級感をさらに高めた外装デザインと豊富なカラーバリエションが特徴。 内装には、コントラストステッチやパイピングが施された異なる色合いのレザーが3色採用されている。さらに、20インチ14本スポークアルミホイールに加え、フロントフェンダーには「51」のエンブレムが装着される。

価格はGTクーペで約1755万円から。ため息の出るようなその高級感を、下の高解像度ギャラリーでご堪能いただきたい。