公開されたトヨタ「FT-CH」の高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

トヨタは、デトロイトオートショーでコンセプトカー「FT-CH」を公開した。これは、フランクフルトモーターショーで発表した小型ハイブリッドのコンセプトカー、レクサス「LF-CH」の完成バージョンだ。

Related Gallery:V.I.P.'s and the Celebs That Love Them




数週間前にも紹介したこの車は、単にトヨタの小型ハイブリッドカーというだけではない。もし発売されることになれば、驚異的な売り上げが見込まれるているのだ。

FT-CHの市販について、トヨタは「可能性がある」とほのめかすにとどまっているが、販売されれば大人気となるに違いない。その理由は、プリウスよりも低価格になることが予想され、より幅の広い顧客をターゲットにできるからだ。また、サイズもプリウスより小ぶりの全長3900mm、全幅1700mm程となっており、都会向けといえるだろう。

4人乗りのFT-CHは、フランスにあるトヨタの欧州デザイン開発部門が設計を担当。80年代の人気ゲーム『スーパーマリオブラザーズ』などにあった"8ビット"感覚をモチーフに、レトロなスタイルとなっている。記者発表でも、実際に昔のテレビゲームを引用しながら説明するといった熱の入れようだった。

トヨタの新しいウェブサイトでFT-CHのビデオをチェックしてみよう。