2011年モデルの3シリーズクーペとカブリオレについて、BMWの正式発表はまだしばらくは期待できないが、インターネット上ではすでに様々な情報が流れている。

BMW情報サイト『Bimmerfile.com』によれば、両モデルのインテリアの変更はあまりないものの、フロント部分がスポーティーに改良され、LEDライトも装備するようだ。

また、外装の新色やアンソラジット・バンブー・トリムがオプションとして加わるほか、パドルシフトも標準装備となるらしい。 しかし、ファンを喜ばせる話はこれだけではない。

BMWはアメリカ市場限定で「isバージョン」の販売も予定しているらしいのだ。この特別モデルではDCT(デュアルクラッチトランスミッション)か、スポーツオートマチックトランスミッションが選択できるようだ。

加えて、最近発表された「Z4 sDrive35is」と同じようにエンジンの出力をアップするという話も出ており、なんとも魅力的である。発売が待ち遠しいかぎりだ。