マルチ・スズキ「R3 MPVコンセプト」の高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

インド最大手の自動車メーカーであるスズキの子会社、マルチ・スズキ・インディアは、ニューデリーで開催中のオートエキスポで新型MPV「R3」のコンセプトモデルを披露した。インドでデザインされたという同車は、小ぶりながらも3列シートの6人乗りという実用性が大きな武器となっている。

発表はされたものの、新型R3の詳細はまだ明らかにされていない。プレスリリースを見る限りでは、急速に移り変わるインド市場のニーズに合わせた作りになっているとのことだ。


また、ある情報筋によると、搭載されるのは自社の1.2リッターか1.4リッターのガソリンエンジン、もしくはフィアット製1.3リッターのディーゼルエンジンではないかと言われている。

ただ少し気になるのは、新型R3のデザインだ。というのも、ゼネラルモーターズ(GM)の傘下、オペルが先日発表したばかりの次世代オペル・メリーバに外観がそっくりなのだ。先日までGMとスズキが提携していたことを考えると、デザインの酷似は致し方ないのかもしれない。

現在のところ、同社がインド以外でR3の市販化に踏み切るかどうかは不明だが、インド国内の市場において50%以上のシェアを誇る同社の新型車とあれば、少なくともインドでヒット車になる可能性は高いだろう。

噂によると、遅くとも2年後にはインドで販売を開始するそうだ。R3のようなMPV車は、欧州市場においてはそれなりに販売台数を伸ばしているようだが、はたしてアメリカではどうだろうか。

マルチ・スズキの新型「R3」コンセプトの高解像度ギャラリーに加え、ニューデリーでお披露目されたビデオもあるのでチェックしてほしい。詳細はプレスリリース(英語)を参照のこと。

Related Gallery:Maruti Suzuki R3 MPV Concept

Related Gallery:Suzuki R3 MPV concept live



■関連リンク
NYの新タクシーに決まった日産「NV200」の室内を紹介! イエローキャブのトリビアも

【ビデオ】ほぼ最終形!? ホンダの新型「CR-V」コンセプトが米オートショーでデビュー
ゲンバラがマクラーレン「MP4-12C GT3」でレースに参戦?!
【PR】 R3 MPVコンセプトの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!