ホンダ・ニュー・スモール・コンセプトの高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

ホンダは、今週インドで開催中の「デリーオートエキスポ」で、小型車のコンセプトモデル「ホンダ・ニュー・スモール・コンセプト」を世界に先駆けて発表した。

新しいコンセプトカーは名前のとおりコンパクトではあるが、近年ホンダが発表しているスタイリッシュなモデルに比べると、やや面白みに欠けている。それでも、小さな5ドアのハッチバックは、インド人の心を確実にとらえるだろう。

Related Gallery:Wacom Cintiq Companion Series hands-on

Related Gallery:Velodyne vQuiet Headphones hands-on




パワートレインとインテリアの詳細はまだ明らかになっていないが、ホンダのインド現地法人であるホンダシェルカーズインディア・リミティッドによると、コンセプトは、コンパクトでありながら5人が乗れる効率的なパッケージで、躍動的な外観だそうだ。

車情報専門サイト『Automotive News』によると、ホンダはこの車の販売価格を100万円以下に抑え、エンジンは最大で1.2リッターとなるようだ。2011年には、インドに続いてタイでも販売する予定もある。

お手頃価格のこの小型車は、成長著しい新興国の市場では成功する可能性が高いが、アメリカやヨーロッパにすぐ投入されることはないだろう。プレスリリース(英語)もあるので、興味のある方はぜひ目を通してほしい。