フォルクスワーゲン新型セダンのビデオは下をクリック

フォルクスワーゲン「ジェッタ」の新型モデルに大騒ぎするなんて、世界中で北米ぐらいなものだろう。どこを探しても、「ゴルフ」のトランクを広げただけの車がこれほど売れる市場はないはずだ。もっともメーカーは「ジェッタ」の発売以来、「ジェッタ」と「ゴルフ」はまったく別物と言い続けているが・・・。

今回、フォルクスワーゲンの新型モデルのテスト走行が行われたのは砂漠。スパイショットを撮ったカメラマンは、真冬の米国都市から逃れ、暖かい気候の中で仕事ができてラッキーだっただろうが、テスト走行を行ったエンジニアスタッフは猛暑での車の調整にさぞ苦しんことだろう。

Related Gallery:2010 Volkswagen Polo




クルマ専門サイト『Inside Line』は、2011年型「ジェッタ」の姿をビデオに納めたと伝えているが、ボディと内装を見る限り、これは2011年型「ポロ」のセダンタイプのようだ。

新型モデルの大きさはフォルクスワーゲンの既存モデルと同じものだし、ドアやホイールアーチの形、さらに内装を見れば、「ポロ」にそっくりなことが分かる。下のビデオをクリックしてぜひ確かめてほしい。

さらに、信じられないという人のために、スパイショットされたモデルの内装とヨーロッパで出回っているポロの内装を並べて比較してみた。両者の違いはほとんど見当たらない。外装の類似からしても、これは米国市場で販売予定の「ポロ」セダンであり、新型「ジェッタ」ではないという結論に我々は達した。みなさんはどう思うだろうか?