ランボルギーニ ガヤルド LP560-4の高解像度ギャラリーは下をクリック

ランボルギーニ ガヤルド LP560-4がパワーアップされ、来年のジュネーブモーターショーでお披露目されるらしい。これはランボルギーニ愛好者が集まるサイトで噂されていることだ。多少の驚きは感じるものの、ランボルギーニは進化し続けるブランドだ。2012年と言われるガヤルドのフルモデルチェンジまで、手をこまねいているわけはないのだ。

Related Gallery:Lamborghini Gallardo LP560-4




噂では、LP560-4の馬力を10hpパワーアップするらしく、「LP570-4」と呼んで差し支えないだろう。インテリアは一切の無駄を省いたガヤルド スーパーレゲラ風になる模様だ。新しいエアロパッケージは、最新のフロントスポイラー、カーボンファイバー製の大型リアウィングを含み、フロントサスペンションシステムも刷新され、ブレーキはカーボンセラミック製になるらしい。

こうした4WDへのモデルチェンジはほかにも考えられる。今のところ、ガヤルドシリーズの最新モデル「LP590-2」は、2011年くらいに4WD化される可能性もある。しかし、ガヤルドL550-2 「バレンティーノ・バルボーニ」の例からも明らかなように、4WD化せず、従来通りの後輪駆動にこだわるかもしれない。

噂が正しければ、ジュネーブモーターショーの公式発表に先駆けて、1月のディーラー・VIP顧客向け内覧会で、LP570-4がお目見えすることだろう。発売は2010年5月以降になる見通しだ。情報提供者に感謝。