2011年型BMW M5がニュルブルクリンクでテスト走行を行っている姿を目撃した。BMWは、いまだこの新型スーパーセダンの詳細についてかたくなに口を閉ざしているが、よりパワフルで走行性と燃費に優れたモデルになるとみられている。

次世代M5に搭載されるエンジンは、X5 MとX6 Mに採用されているものに手を加えたV8ツインターボになると言われており、578~608psほどのパワーになるようだ。

また、カーボンファイバーやアルミがふんだんに使用され、運動エネルギー回生システム(KERS)も組み込まれる模様。さらに、外観を彩る特徴として、フロントのホイールアーチが幾分膨らんだデザインになるだろう。

さまざまな憶測を呼んでいるものの、唯一予想外なのは、この新型M5にマニュアル車が登場するという話題が一切あがっていないことだ。我々は、BMWが正しい判断を下すことを切に願っている。