2010年型フォード・トーラスSHOの高解像度ギャラリーは下をクリック

アメリカで今回14回目となるアーバン・オートモービル・オブ・ザ・イヤーという賞が発表された。

見事、栄冠に輝いたのは2010年型フォード・トーラスSHOだ。トーラスSHOのすばらしい魅力についてはプレスリリース(英語)に詳しく書かれているが、その前に、アーバン・オートモービル・オブ・ザ・イヤーのエコカー部門の受賞車に注目したい。

Related Gallery:

Related Gallery:




最新型のトヨタ・プリウスホンダ・インサイトなどの有力候補を押しのけて受賞に輝いたのは、フォードの2010型フュージョン・ハイブリッド。市街地での燃費はリッター約17.4km、高速道路では約15.3kmを走行する北米で最も燃費のいいミッドサイズセダンだ。

ところで、アーバン・オートモービル・オブ・ザ・イヤーの審査基準が何かをご存知だろうか。

同賞の主催者によると、「都市部に住む人にも郊外に住む人にも支持される車であることと、大都市に住む人々にとっては燃費がよく、性能や安全面で優れた車であること」が基準になっているようだ。

プレスリリースも含めて、受賞した車をぜひギャラリーでチェックしてほしい。