2011年型BMW5シリーズの高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

先月下旬、BMWがミュンヘンで新型5シリーズ セダンを発表した。搭載エンジンにはガソリンとディーゼルが用意され、4気筒から8気筒まで用意されている。

しかし、アクティブ・ハイブリッドX6や7が立て続けに発表されたことを考えると、5シリーズにもハイブリッド車が登場するのは時間の問題であろう。その証拠に、BMWは今後、他のシリーズにもハイブリッドモデルを拡大していくことを公言している。

Related Gallery:




新型5シリーズが来月のデトロイトモーターショーに出展されるかどうかは定かではない。しかし、少なくとも3月のジュネーブモーターショーまでにはお目にかかることができるだろう。そして、その頃にはアクティブ・ハイブリッド5のコンセプトモデルが発表され、2010年末頃には販売という流れになるのではないだろうか。

現段階では、X6に採用されたエンジンと、電動モーターを状況に応じて最適に作動させる「2モードハイブリッド」を他モデルに取り入れるという話は出ていない(X5では採用される可能性もある)。

その代わり、7に搭載されるマイルド・ハイブリッド・システムが、今後の主流となる可能性はある。このシステムは、エンジンとトランスミッションの間に電気モーターを取り付け、トランクルームに積んだ小型のリチウムイオン・バッテリーから電力供給を受けるというものだ。重量増を最小限に抑えることができ、かなりの燃費アップも期待できる。

今後のBMWの動きも含め、詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていきたい。