カーグラフィック社製のアウディR8仕様エアリフトの高解像度ギャラリーは下をクリック

アウディR8は並外れて格好いい車だが、車高がかなり低いので傾斜や段差に気を使わなければならない。そんなアウディR8のオーナー向けに、ドイツのチューナー、カーグラフィック社がエアリフトを開発した。

このエアリフトにより、R8のしなやかなサスペンションの動きを損なうことなく、わずか15秒で72ミリも車高が上がるという。

Related Gallery:Cargraphic Airlift Audi R8




同社のエアリフトは、ベローズとよばれる蛇腹式の小さい空気バッグをサスペンションのスプリングカップの上部に取り付け、コンプレッサーからの空圧で車高を制御するシステム。ベローズが萎むと通常のサスペンションに戻り、車軸が固定される仕組みとなっている。

このシステムの重さは、コンプレッサーを含めてもわずか3キログラム。油漏れトラブルの心配もないという。エアリフトは、リモコン機能もついており、離れたところから車高アップダウンを確認することができるようだ。

詳細はプレスリリース(英語)で確かめてほしい。高解像度ギャラリーのチェックもお忘れなく。