メルセデスベンツの新型SLS AMG"デザートゴールド"の高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

我々は、中東やロシアで光り輝くクロームとゴールドで仕上げられた高級車がもてはやされている光景を幾度となく見てきた。それらは自動車メーカーが正式に販売したものではなかったが、ついにメーカーさえもがその流れに追随してしまったのだ。

メルセデスベンツは、今年のドバイ国際モーターショーにガルウイングドアが特徴的な新型スーパーカー「SLS AMG」のゴールドカラーの特別車として出展した。

Related Gallery:





"AMGデザートゴールド"と名付けられたこの車は、幸いなことにきらびやかなゴールドではなくマットゴールドに塗装されている。そして、通常はクロームやシルバーで仕上げられるスリーポインテッドスターのエンブレムやホイールなどは、黒で統一されているのだ。

そのせいか、全体を眺めてみると鏡面仕上げのゴールドよりも落ち着いて見え魅力的だ。メルセデスは現段階では、この"AMGデザートゴールド"は今回限りの参考出品車としているが、顧客からの強い要望があれば、AMGパフォーマンススタジオがオプションとして対応するという。

今回、ゴールドのSLS AMGと一緒にドバイ国際モーターショーに出展されたのは、G55 AMG コンプレッサー"エディション79"。これはシリーズの販売30周年を記念して作られた車で、SLS専用のマットグレーで仕上げられている。

この車の最高出力は514psで、V8スーパーチャージドエンジンを搭載。これでドバイの砂漠の中も問題なく駆け抜けることができるだろう。高級車にふさわしく79台しか生産されないうえ、中東だけの限定車であることから、我々は写真を眺めて満足することにしよう。