キャシュカイ(日本名:デュアリス)も風変わりな車名だが、「キャザナ」も負けず劣らず変わった名前だ。2009年にジュネーブモーターショーで発表された日産キャザナは、名前だけでなくデザインもかなり変わっている。もちろん悪い意味ではないのだが、とにかくすべてが斬新なのだ。

とは言っても、SUV車が軍用ジープや月面車のデザインを取り入れる昨今、それほど大騒ぎすることではないだろう。それに実際、我々はキャザナをかなり気に入っているのだ。

Related Gallery:

Related Gallery:

今回、イギリスのカーブログ『AutoExpress』がキャザナのプロトタイプ車をとらえた。黒いビニールで完全に覆われてはいるが、フロントの特徴的なヘッドライトが見てとれる。ジュネーブで目にした斬新なコンセプトカーは量産化への道を着実に進んでいるようだ。このスタイリッシュなクロスオーバーが市場に出回る日も近いだろう。

同ブログによると、モーターバイクに着想を得たという一風変わった内装についても、最終デザインが決まっているらしい。ライン的にはキャシュカイの下に位置し、キャシュカイと同様にイギリスの日産サンダーランド工場で生産予定だという。できれば、コンセプトカーのデザインをそのまま踏襲してほしいものだ。