LAオートショーの「デザインチャレンジ」に輝いた日産の未来カー
日産 V2Gの高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

LAオートショーの恒例イベントである「デザインチャレンジ」の結果が発表された。今年のコンセプトは、2009年に生まれた子供が21歳になる2030年に相応しい車を提案すること。


このイベントに参加したのは、アウディ、GM、ホンダ、マツダ、日産、トヨタの6社。その中で栄冠に輝いたのは、日産の「V2G」であった。

V2Gは、「ビークル・トゥ・グリッド」の略。「グリッド」とは、電気を用いた高速道路システムの名称で、2030年に利用されていると想定したものだ。V2Gはそこを走るための車としてデザインされている。

V2Gは、燃費が非常に良いうえ、"フロックス"と呼ばれるシステムで複数の車を連結させて走行できることが、受賞の大きな理由と言えるだろう。さらに、V2Gのボディはリサイクルが可能なバイオ樹脂を浸みこませたカーボンナノチューブクロスから出来ている。

さっそく日産「V2G」の高解像度ギャラリーをチェックして、未来の車を研究しよう!

Related Gallery:LA 2009 Design Challenger Winner Nissan V2G