シボレー・ボルト2011年モデルの高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

ボルトの2011年モデル販売開始まで、あと1年を切った。この新型車は名ブランド・シボレーの長い歴史の中でも、最も熱い期待が寄せられていると言っていいだろう。親会社のゼネラルモーターズ(GM)も、このプラグイン・ハイブリッドカーを将来的に主要ブランドとして確立させたいと考えているようだ。

先日、我々はボルトの試作車に試乗したが、その出来は上々。製造ラインに乗る日もそう遠くないと思われる。その一方で、販売に関しては少し気になる情報が舞い込んできた。


Related Gallery:Quick Spin: 2011 Chevrolet Volt
米自動社関連サイト『Automotive News』によると、GMはボルトの最初の販売を全国一斉ではなく、いくつかの都市に限定するというのだ。シボレー部門の代表、ブレント・デュワー氏は、「EV車を充電するためのインフラ設備や税額控除が受けられるかなど、さまざまな条件と可能性を考慮している」と話している。

どこで販売が開始されるにしても、シボレーの新型EV車は、間もなくアメリカに姿を現すことになるだろう。