先月F1撤退を発表したトヨタに、新たな説が浮上した。入手した情報によると、トヨタは現在ドイツのケルンを拠点とする自社チームを、セルビアのチームへ譲渡すべく話し合いを行っているらしい。
トヨタが保有するF1参戦権を狙っているのは、セルビアのベオグラードを拠点とするステファンGP。ゾラン・ステファノビッチ氏がCEOを務めるセルビアのエンジニアリング企業、AMCOがバックアップしているチームだ。

ステファンGPは、来季からのF1新規参戦に名乗りを上げていたチームの一つだが、最終的に認められず、FIA(国際自動車連盟)の新規参戦チーム選考手順について不服申し立てを行っていた。ところがトヨタのF1撤退に伴い、ステファンGPがトヨタの2010年の参戦権と共に開発中だった新型マシンを含めた多くの資産をそのまま引き継ぎ、F1参戦への可能性が出てきたのだ。
さらに、向こう数年にわたりトヨタのエンジンを採用し、ドライバーには小林可夢偉を起用するといった案も出ているらしい。チームの本拠地も、セルビアへ完全に移転されるまでは、現在のケルンがベースになるとも言われている。

もし、トヨタとの交渉が成立すれば、選考手順を巡りFIAと争う必要もなくなる上、望みどおりに2010年の参戦権を手に入れることができる。ステファノビッチ氏は現在、ステファンGPがトヨタの後釜としてF1に参戦することに対して、肯定はしていないものの、交渉が行われていることは認めている。

トヨタにとっても、F1撤退によってコンコルド協定違反として130億円近い罰金を課せられる可能性があるため、ステファンGPとの縁談を成立させ、罰金の支払いを回避したいところだろう。

一方、謎に満ちたカドバック・インベストメンツへのチーム売却が不成立に終わり、BMWとの再合意にこぎ着けたザウバーは、トヨタ撤退により生じる参戦枠の獲得を何よりも望んでいるはずだ。もしステファンGPが、トヨタの参戦枠を譲り受けて来季出場を決めた場合、参戦枠が現13チームから14チームへ拡大されない限り、ザウバーの参戦は絶望的となる。