以前から、フォルクスワーゲンがレッドブルと契約を交わしF1へ参戦するのではないかとの噂がされてきた。だが、今回届いた情報によると、フォルクスワーゲンは2012年以降、複数のチームへのエンジン・サプライヤーとしてF1参入を検討しているという。
フォルクスワーゲンのモータースポーツ部門代表、ハンス・ヨヒアム・シュトック氏は、「コスト面などを含めたF1の新しいエンジンレギュレーションが導入されるため、これを機にエンジンを供給することは、我々にとって"世界のエンジン"として名をはせる素晴らしいチャンス」だとコメント。

来期のレギュレーションはまだ確定していないものの、フォルクスワーゲンが将来F1へ参戦するのは確定的。そのエンジン技術をどのように披露し、軌道に乗せていくのかは、現在模索中とのことだ。シュトック氏はNASCARのレースを訪れた際にも、フォルクスワーゲンがGrand Am(グランダム)シリーズやインディカーシリーズへの参戦も視野に入れていると語っている。

また、シュトック氏によると、フォルクスワーゲンがF1へ参戦するのに非常に好都合な条件がそろっているという。というのも、低コスト志向への移行、エンジンスペックの変更などが予想されているからだ。

2012年以降のF1を取り巻く状況はまったくと言っていいほど予想がつかない。フォルクスワーゲンのF1参戦を含め、今後の動向に注目だ。