2011年型シボレー・クルーズの高解像度ギャラリーは下をクリック
新型シボレー・クルーズのスタイリッシュな姿が初公開されてから、1年以上が経過した。すでに各国での販売が開始されているが、ついにゼネラルモーターズ(GM)は、北米向けの詳細を明らかにした。

クルーズのお披露目は12月4日から開催されるLAオートショーになるが、実際に店頭に並ぶのは来年の秋ごろになる模様。GMはすでに北米市場にシボレー・コバルトを投入しているが、クルーズが発売されれば今よりはるかに勢力を拡大できるに違いない。GMサイドは、クルーズのすぐ後に発売が予定されている次世代のホンダ「シビック」やフォード「フォーカス」とも十分に戦えると踏んでいるようだ。

Related Gallery:2011 Chevrolet Cruze
コバルトより若干サイズの大きいクルーズだが、エンジンはコンパクトタイプを使用。LTとLTZタイプは、ターボチャージャーを搭載した新型1.4リッターV4エンジンで、出力は約140ps、トルクは約20.4kgmと十分なパワーが引き出せる。通常の1.8リッターエンジンを搭載したスタンダードタイプのLSも、最大トルクはわずかに下回るものの、出力はほぼ同等だ。

トランスミッションはマニュアル、オートともに6速。ターボエンジンは、アメリカ環境保護局(EPA)による高速走行時の燃費テストで、なんとリッター当たり17キロを実現すると見られている。

先日、クルーズのベースとなった「シボレー・ボルト」を試乗したが、コバルトと比較しても多くの改良がされており、クルーズも同様の改良がされているはずだ。LAオートショーでクルーズを実際に確かめてくるつもりなので、楽しみに待っていてほしい。ギャラリーの写真とプレスリリース(英語)も要チェックだ。