F1チーム、BMWザウバーの将来に見通しが立った。今季限りでF1活動から撤退すると7月に発表していたBMWは、チームを創設者のペーター・ザウバー氏へチームを売却することで合意した。

ザウバーは、カドバック・インベストメンツと呼ばれる投資会社への売却が決まっていたが、「カドバックはFIAからザウバーに支払われる今季の配当金が目当て」といった報道もあり、売却は成立しなかった。しかし、カドバックとの話が流れて数日後に、ザウバー氏への売却が正式に決定。

売却金額は明らかにされていないが、かなりの金額が動いたと思われる。ザウバー氏の手に戻ったチームは、今後F1のコスト削減ルールにのっとり、チームの人員を現在の388人から約250人に減らす予定で、すぐにでも第一弾のレイオフが言い渡されるらしい。今後のチームの動きに注目したい。