XTR Carchipのポルシェ ケイマンX-Wideの高解像度ギャラリーは下の画像をクリック
今日は、ドイツのベルリンに拠点を置くチューニングメーカー、XTR Carchipが手掛けたポルシェ「XTR ケイマン X-Wide」をご紹介しよう。ケイマンS(987)を大幅にチューニングしたモデルだ。

Related Gallery:Star Wars: The Old Republic Wallpapers
まず見て分かるのは、エクステリアに大幅な手が加えられていること。取り外しが可能なCFRP(炭素繊維強化プラスチック)製フロントスプリッターにフェンダー、サイドスカート、カーボンファイバー製サイドミラー、そして調整可能なリアスポイラーが装備されている。ホイールは、3ピース構造でセンターロック式の18インチBBS RSを採用し、ピレリタイヤが組み合わされている。

一方、インテリアには、オリジナルからステレオとエアコンだけを残し、GT3用のレカロシートとシュロスの6点式シートベルト、さらにロールケージも取り付けてある。これなら、ホッケンハイムリンクで夜中にこっそりレースを楽しむこともできそうだ。

エンジンのチューンは、スーパースプリント マグナムのキャットバックエキゾーストと電子制御ユニットという小規模な改良のみだが、最高出力は314psとなり、最高時速は285kmとアップしている。

しかし、これで満足しないのがXTR Carchipだ。来年の春にはツインターボを搭載したバージョンを発表する模様で、その最高出力はなんと862psに達するという。一体どんな走りを見せるのか? ますます目が離せない。