VIDEO: Mercedes-Benz SLS AMG crash-test video shows off exploding door hinges

メルセデス・ベンツSLS AMG衝突テストのビデオは下をクリック

あこがれの高級車が大破する様子は見るに忍びない。しかし、ちょっとした快感を覚えることも事実だ。今回の衝突実験で犠牲となったのはメルセデス・ベンツ「SLS AMG」。

ご紹介するビデオでは、メルセデス・ベンツが約1800万円のSLS AMGをクラッシュさせ、同車の安全性をアピールしている。部分的にクラッシュさせるオフセット衝突実験を見ると、長いボンネット部分が衝撃を吸収しており、車内の損傷を軽減させている。

ビデオの実験映像はそれだけではない。アメリカでは、車の転覆事故の際に車のドアを外せることが安全基準で義務づけられている。そのため、メルセデス・ベンツではヒンジピンに火薬を内蔵し、転覆してもドアが開けられるようにしているのだ。ビデオではその実験の模様も流しており、見事に成功している。

今回の実験では、外部からリモコンスイッチを押すことで、火薬が爆発してドアが外れる仕組みになっているが、実際の事故の場合は、車が転覆し、一定の時間が過ぎてから、ドアノブを引くと火薬が爆発し、ドアが外れる仕組みになっているようだ。

ぜひ、高級車が壊れていくビデオを見てほしい。最初はやや退屈だが、中盤からは情け容赦ない衝突実験が楽しめるだろう。

Related Gallery:First Drive: 2010 Mercedes-Benz SLS AMG