フォルクスワーゲン「トゥアレグ」2011年モデルの高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

来年1月の北米国際オートショー(デトロイトオートショー)で、フォルクスワーゲンから第3世代のSUV、新型「トゥアレグ」が発表されるらしい。同車は2008年モデルとして北米に導入された第2世代のトゥアレグをフェイスリフトしたもの。詳細はまだ明らかにされていないが、噂によると新型トゥアレグはエンジンのバリエーションが豊富に用意され、ハイブリッドモデルも含まれるということだ。

トゥアレグのハイブリッド車はアウディS4と同様の3.0リッター直噴V6スーパーチャージャーを搭載。さらに38kWのモーターが取り付けられ、トータル出力は379ps、最大トルクは56kgmとなっている。さらに、最新の8速オートマチックトランスミッションが採用されている。全輪駆動でありながら、0-100km/hが7秒を切り、燃費は約11km/Lという、まさしく動力性能と環境性能を両立したモデルだ。

2カ月後には正式デビューを飾る新型トゥアレグだが、ショールームにお目見えするのは2010年後半までお預けとのこと。楽しみに待っていよう。
Related Gallery:Spy Shots 2011 Volkswagen Touareg