eBay Find of the Day: Michael Schumacher's controversial crowning 1994 Benetton

ミハエル・シューマッハの初タイトルマシン「ベネトンB194」のギャラリーは下の画像をクリック

ミハエル・シューマッハといえば、過去7度のワールドチャンピオンに輝いた最強の元F1ドライバーだ。その彼が1994年のシリーズで初タイトルを獲得した時に乗っていたマシン「ベネトンB194」が、インターネットのオークションサイト『eBay(イーベイ)』に出品されている。

皆さんはこのマシンにまつわる出来事をご存知だろうか? 最近のF1は問題だらけだと思っている人も多いだろうが、今から15年前の出来事を知れば驚くに違いない。

1994年といえば、シリーズ第3戦のサンマリノGPで、あのアイルトン・セナとF1初参戦を果たしたローランド・ラッツェンバーガーが亡くなった年でもある。そして、同時にシューマッハがさまざまな物議をかもした結果、ようやくチャンピオンになったシーズンでもあった。

当時、年間チャンピオンを巡って激しいバトルを繰り広げていたミハエル・シューマッハ(ベネトン所属)とデイモン・ヒル(ウィリアムズ所属)は、わずか1ポイント差で最終戦のオーストラリアGPを迎えた。ところがレース35周目で2人は接触事故を起こし、両ドライバーともリタイアとなる。その結果、シューマッハが1ポイント差のまま逃げ切り、初のシリーズタイトルを獲得したのだ。

当時、接触事故はシューマッハが「故意に起こした」という噂も流れたが、セナの死亡事故で混乱のさなかにあったウィリアムズは、公式な申し立てを行わなかった。つまり、今回eBayに出品されているこのマシンは、いわく付きの「ベネトンB194」というわけだ。

出品元はドイツのようだが、マシンは現在カナダにあるらしい。マシンにはイギリスのLangford Performance Engineering社製フォード・コスワース3.5リッターV8エンジンが搭載され、接触事故の傷跡はきれいに修理されている。さらに、数々のスペア用パーツ、エンジンのセッティング用ソフトウェアを搭載したノートパソコン、二組のホイールにスペアウイングなど付属品も豪華。

気になるオークション価格だが、締め切り5日前の時点で、すでに3億5000万円に達している。レース界の歴史に名を刻んだシューマッハのマシンには、まだまだ高い値が付きそうだ。

Related Gallery:Michael Schumacher's championship-winning Benetton B194