VIDEO: With F1 program scrapped, where will Toyota Motorsports land next?

トヨタGT-Oneの高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

トヨタの豊田章男社長は、今季限りでF1から撤退することを表明した。しかし、豊田社長は今後もトヨタがモータースポーツに取り組んでいくことを繰り返し約束。これがリップサービスだとしても、レースの世界で長い歴史を持つトヨタだけに、次にどこのレースに力を入れていくのかという憶測は、世界中のレース関係者の間を飛び交っている。以下は豊田氏の言葉。

「モータースポーツは、お客様にクルマをより身近に感じていただける大切な手段であり、また我々の人材の育成と研究開発においても大切な手段であることには変わりありません。我々は経済的な現実を見つつ、利益を最大限に引き出すことを念頭においてモータースポーツの活動を見直します」。

F1撤退を表明したが、トヨタはフォーミュラ・ニッポン、NHRA(ナショナル・ホットロッド・アソシエーション)、Grand Am、Super GT、NASCARといったさまざまなレースで勝ち続けており、今後もこうしたレースには的を絞って活動を続けていくと思われる。だが、財務状況によっては、これらのレースまでも撤退しないとは言い切れない。

また一方で、トヨタがル・マンのプログラムや新しいFIA GT1世界選手権、さらに世界ラリー選手権へと重点をシフトさせていくとも考えられている。こうした分野はトヨタの販売するクルマとより直接的な結びつきをもたらすからだ。

いずれにしても、最終的な判断は大企業トヨタの今後の課題ということだろう。ここでは、トヨタの歴史とモーターレースへの関わりのハイライトビデオを楽しんでもらいたい。