Turkish Onuk Sazan is like Ferrari Dino, only without pedigree

トルコのOnuk Sazanの高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

トルコから新型スポーツカーが誕生した。その名も「Onuk Sazan」。エンジンの大きさを考えれば、スーパーカーと呼べる車かもしれない。この車は、Onuk博士によって開発されたのだが、実は博士の息子、Kaan氏が交通事故で亡くなったため、Kaan氏の愛称であるSazanを取って、Onuk Sazanと命名したらしい。ちょうどフェラーリの創設者である故エンツォ氏が、愛息の名前を取ってフェラーリ ディーノと命名したのと同じである。

Onuk Sazanの車両重量は907kgで後輪駆動。456psのパワーを発揮する日産のVQ型V6ターボエンジンを搭載している。Sazanについての詳しい 情報が入手できていないため、外観からしか判断できないが、トルコメイドの車と考えれば、なかなかの出来栄えだ。

フロントは、イギリスのスポーツカーメーカーであるTVR、エアインテークはフェラーリF430、そしてフロントガラスはイタリアのパガーニ・ゾンダをほうふつとさせる。リアからの眺めもクールだ。

TVRによく似ているものの、オリジナリティも十分感じられる。サイドからの眺めと、ホイールに関しては今一つだが、オランダのメーカーであるスパイカーを連想させるボディラインも悪くない。

実はトルコのスポーツカーは、Onuk Sazanが初めての車ではない。70年代にトルコ初のスポーツカー「Anadol STC-16」という車が生産されていたのだ。当時、この車にはフォード・コルチナとカプリの両方に採用されていたフォード・メキシコの1.6リッターエ ンジンが搭載されていた。現在のレベルで考えると、小さくてスピードも出ないが、ダットサン240Zのような車にも引けを取らないないほどよく走り、トル コでは"スーパーモンスター"という異名を持っていたほどだ。

最後に気になる価格だが、残念なことに約2700万円とかなり値が張るようだ。気に入るかどうかは別として、ギャラリーにある写真をじっくり見てはどうだろうか。

Related Gallery:Onuk Sazan


新車購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!