SEMA 2009:Gran Turismo Best in show is the Trans-Cammer Mustang 【SEMA 2009】

フィリップ・ケーネン氏の1970年のフォード・マスタングの高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

フィリップ・ケーネン氏が所有する1970年のフォード・マスタングが、SEMAショーで「グランツーリスモ・アワード」の最優秀賞を受賞し、授賞式会場のパームス・カジノ・リゾートは興奮に包まれた。これはソニー・コンピュータエンタテインメントアメリカが、SEMAショーにおいて優れた車に与える賞で、今年で7回目の開催となる。

フォードの427 SOHCエンジンを搭載したケーネン氏のマスタングは、「最優秀改造車賞」を受賞し、さらに人気ゲームソフト『グランツーリスモ』シリーズのプロデューサー、山内一典氏によって最優秀賞に選ばれた。ケーネン氏のマスタングは受賞の栄誉に加え、今後の『グランツーリスモ』に愛車が収録されるという権利も得ている。

そのほかにも、スコット・ベイリー氏とトニー・ヴァニロ氏による「フォードF-250」が「最優秀トラック/SUV賞」、クリス・ラドWorld Racingチームの「サイオンtC」が、「最優秀輸入アジア車賞」、Underground Racingがチューニングを施したKCハウレット氏の「ランボルギーニ・ガヤルドLP560- 4TT」が「最優秀輸入ヨーロッパ車賞」、ニコラス・アシュビー氏の「カマロ」が「最優秀国産車賞」にそれぞれ選ばれた。

ズラッと受賞車が並ぶガレージの光景は、まさに夢のよう。詳細はプレスリリース(英語)を読んでほしい。もちろん、最優秀賞を受賞したフォード・マスタングのギャラリーをチェックするのも忘れずに。

Related Gallery:SEMA 2009: 1970 Trans-Cammer Mustang