ラ・フェスタ・ミッレ・ミリアには、自動車愛好家として知られる有名人の姿も見られた。

歌手でありレーサーでもある近藤真彦氏がステアリングを握るのはアルファ・ロメオ・ジュリエッタ・スパイダー。
イタリアの名門アルファ・ロメオは、第二次世界大戦前には高性能スポーツカーや超高級車を少量生産し高価格で販売していたが、戦後になると量産車メーカーへの転身を余儀なくされる。そして誕生したのが1954年発表のこのジュリエッタだ。

その名前はイタリアのヴェローナを舞台にしたシェイクスピアの戯曲「ロミオとジュリエット」に因んで付けられた(イタリア語では「ロメオとジュリエッタ」となるわけだ)。
クーペ版であるスプリントのボディはベルトーネがデザインと制作を担当したが、スパイダーのそれはピニンファリーナによるもの。1.3リッターエンジンはオールアルミの直列4気筒DOHC。当初は65馬力、高性能版のヴェローチェは90馬力を絞り出し、最高速度は180km/hにも達した。量産車となっても高性能はなくさなかった。
近藤氏自身が所有するこのジュリエッタ・スパイダーは、バンパーが外されレーシング・スクリーンやドライビングスポットが取り付けられるなど、レーシィなモディファイが多数散見できる。

Related Gallery:heart-throbs in LaFestaMilleMiglia


雅楽師の東儀秀樹氏はMGAで参加していた。こちらもスティール製バンパーは外してあり、メッシュのフロント・グリルが付けられていた。
イギリスの小型軽量スポーツカーで有名なMGブランドから発売されたMGAは、当時の主力モデルとして1955年に製造が開始された。OHVの1.5リッ ターBMC Bタイプエンジンを搭載する。近藤氏のジュリエッタと同じ1956年製だが、あちらがモノコック構造のボディを持つのに対し、MGAはラダーフレーム構造 となる。
いずれにせよ、美しく流麗なスタイルであることに違いはない。

なお、総合順位は近藤真彦氏が14位、東儀秀樹氏が28位とお二人ともなかなかのものであった。