VIDEO: Seattle earthquake viaduct simulation released; timing politically motivated?

アラスカン・ウェイ高架橋の地震シミュレーションのビデオを見るには下をクリック

米ワシントン州シアトルのエリオット湾沿いにあるアラスカン・ウェイ高架橋は、2001年に起きた地震により損傷を受けたため、構造劣化が年々進んでいる状況だ。今後、地震による高架橋の崩壊を未然に防ぐため、市と州政府は今年始め、このベイエリアに地下トンネルを建設し、最終的に高架橋を閉鎖することで合意した。

「シアトル・タイムズ」紙によると、このトンネル建設問題については、住民の間で激しい論争が起こっているという。そこで州政府は2年前、今後また地震が起きたら、高架橋が大惨事になるということをアピールする6分間のビデオを制作した。CGを使って制作されたビデオは、まるで来月公開となる映画「2012」のワンシーンのようだ。あまりにもショッキングな映像であるため、ビデオは今まで公開されなかったのだが、トンネル建設に反対している住民の1人エリザベス・キャンベル氏は、最近このビデオを公表するよう市に要請した。市は彼女に対しビデオを渡すまでに8ヵ月はかかると伝えていたが、そんな矢先に地元放送局のニュース番組でビデオを公開された。だが彼女はいまだにビデオのコピーを受け取っていない。

これには現在、地元で市長選が行われており、ビデオの公開には政治的陰謀が絡んでいるとの声があがっている。現職の市長はトンネル建設に賛成であり、対立候補は反対しているため、ビデオは現職市長を当選させる目的であることが考えられる。ビデオの中で"液状化"なんて言葉を見れば、誰でも高架橋には近づきたくなくなるだろう。このビデオが現職市長に有利になるか現時点ではまだ分からないが、とりあえず下のビデオを見てほしい。