Rum Runner: Schumacher bides his time driving for Bacardi

首の怪我を理由にF1復帰を断ったミハエル・シューマッハは最近どうしているのだろうか? スポーツ界屈指の高給取りだっただけに悠々自適だろうが、引退した今もなおサーキットを離れていない。

ラムメーカーとして有名なバカルディ社は、シューマッハを広告塔にしているが、先日、同社はとある抽選会を開催した。その景品はなんとF1ワールドチャンピオンに7度輝いたシューマッハとスペインのアスカリ・サーキットを走る旅だったという。

ラッキーな当選者は香港のブロガー。彼はシューマッハと一緒にサーキットを走行した時の様子を撮影したビデオをブログに掲載している。ちなみに、2人が乗っているのは「マセラティ グランツーリスモ」だ。

シューマッハは今年の夏、ハンガリーGPで負傷したフェリペ・マッサの代役としてF1復帰する予定だったが、首の負傷が長引き、出場を断念した。だが現在もF1復帰を希望しているという報道が飛び交っている。また、フェラーリはシューマッハを、アロンソやマッサと共に、3台目のマシンで出走させることを、F1最高権威者であるバーニー・エクレストンに働きかけているという噂もある。エクレストンは否定的なようだが、シューマッハ自身は、望みを捨ててはいないようだ。来季のことは経緯を見守るしかないので、とりあえずシューマッハとスカリ・レース・リゾートを走行する当選者のビデオを見てほしい