VIDEO: Microsoft may one-up Google Street View with virtual video drives

ビデオは下の映像をクリック

車の運転がカーナビと連動し、全自動になれば、道に迷う心配もなくなるかもしれない。しかし、そんな日が来るまでは自動車メーカーとカーナビ会社は製品を改良し続けるしかないだろう。

マイクロソフト社は現在、独コンスタンツ大学の研究者と協力して、より分かりやすさを追求した"ビデオ付きナビ"の開発に取り組んでいる。

これは撮影車が実際に走りながら撮影したストリートの映像を使い、検索されたルート上をまるで実際に走っているかのような映像で見られるようにしたものだ。もちろん、既存のナビのように文字や地図での表示もできる。出発前に道順を映像でしっかり確認しておけば、運転中にナビに注意をはらわなくても済む可能性もある。

この"ビデオ付きナビ"はまだ試作段階だが、このシステムを使い、迷わず目的地にたどり着いた人の割合は、従来のナビより20%増加したという。詳細はビデオでチェックしてほしい。