日産カザーナは、スポーツカーとオフローダーの融合を目指したコンセプトカー。
発表されているスペックは潔く車体サイズのみ。 低いルーフ、観音開きの小さな後部ドアが非常に特徴的。 パール・ホワイトのボディとバーガンディの内装色はスポーツカーの文法通り。しかし外観は間違いなくSUV。 ボディと同色のセンターコンソールは二輪車のタンクから、ブーメラン型のテールランプはフェアレディZからのインスパイア。 悪路走破性よりオンロードでの性能を重視しているものの、かと言って本当のスポーツカーをカモれるような性能が与えられるのかと思えば、それは考えていないらしい。
中身は「普通の」ガソリンエンジンを想定しているそうです。 未来とも言えるEVが発表された場所では何だか時代遅れな代物という気配がどうしても漂ってしまいます。
こ のスタイルのまま、EVやハイブリッドやクリーンディーゼルのようなパワートレインを積む可能性は?との問うも、それも考えられていないらしいです。 これが「都市型スポーツカーの新たな可能性」を示すものだとのこと。 いわゆる「枯れた技術で安く作ってすぐに販売できる可能性」も十分に示しているような気がします。
実物を目の前にするとコンパクトでなかなかキュートなデザイン。 ルーフが低く、後部座席のヘッドクリアランスに懸念がありそうですが、担当者曰く「十分」だそうです。