日産の発表を信じるならばリーフは「最初に手が届くEV」となりそうです。 詳細は日産グローバルコミュニケーション・CSR部主任 柴山哲也氏に伺いました。

説明に寄ればリーフは来年早々から予約を開始。米・日・欧の順に発売予定。日本では2010年秋頃に販売が開始される見込み。
気になる車両価格については明言を避けられました。 搭載されるバッテリーをどのような販売形態にするか未だ決定おらず価格も決まっていないとのこと。 車両と込みで販売するのか、それともバッテリーのリース式になるのかは検討中。
また法律上の問題もあります。車検証には原動機としてエンジンの型式が記載されますが、EVの場合、記載されるに項目はモーターとバッテリーに相当します。車検証に記載された所有者名とバッテリーの所有者名が異なるという事態を現行の法律は対想定しておらず、リース方式ならば法整備が不可欠。 驚くほど低価格化が進んでいるバッテリーとは言え、バッテリーごとで購入する場合は、リース式より「倍よりは安い」程度にしかならないそうです。 はたしてそれがいくらになるのかと言えば、「現在販売されている同クラスのガソリンエンジン車と車両価格+維持費のトータルで、ほぼ同価格になる(ことを目指している)」そうです。

思ったより安いという印象は、年間一万キロ程度を走ることを想定しら場合、EVはガソリン車に比べて維持費が五分の一程度で済むと考えられるのでガソリン車と互角になる計算ゆえ。深夜電力で充電すれば1500円/月となり燃料費としては確かにガソリンより安い計算。
リーフは家庭用200V電源にて8時間でフル充電。最高速度は160km。500V電源を使って急速充電した場合、10分間の充電で50km走行可能らしいです。残量ゼロの状態から充電した場合30分間で80%の状態まで充電できます。

リーフのデザインは一見すると一般的なハッチバック車のスタイルですが、これはなるべく今までと「変わったカタチにしない」という意向が反映されてのこと。それでも実際は細かく空力等が考えられており、例えば出っ張ったヘッドライトが、ドアミラーで発生する風切り音を消す効果があるそうです。
また、リーフのリアバンパー下部にちらりと覗くディフューザーの効果のほどを聞いてみたら「効くんです!」と即答。実はフロアの後方から前方に向かって長く設置されているそうで「空力に効果がある」ということはつまり「航続距離を伸ばす」ことにつながるとそうです。
保守と革新が見事なバランスで一体化しているEVに、日産の本気が垣間見れた気分です。
Related Gallery:Nissan Leaf EV