CTS-V Challenge opened up to any would-be Caddy killers

2009年型キャデラックCTS-Vの高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

「優れた車が勝利する」――そう言い放ったのはゼネラルモーターズのボブ・ラッツ氏だ。自らの言葉を実証することに意欲満々の同氏は、先月召集された会合で、ジャーナリストたちにキャデラックCTS-Vとスピードを競うレースへの参加を呼びかけた。この告知はすぐに話題となり、自動車専門ブログ「Jalopnik」などはすかさず参加を表明した。

レースは10月29日にニューヨーク州北部のモンティセロモータークラブで開催される。特別なルールはなく、市販の4ドアセダンならどんな車でも参戦可能となっている。Jalopnikのシラー氏は、当初メルセデス・ベンツC63 AMGで出場する予定であったが、高性能のジャガー XFRに変更している。

このレースの面白い点は、CTS-Vに匹敵する新しいスポーツセダンを持っていれば、誰でも参加申し込みができるというところだ。BMW M3やM5、AMGのセダンやアウディS4、もちろん三菱のランサーエボリューションでも参加OKだ。参加者がどのように選ばれるのか、また、そもそもこのレースの結果が何を意味するのかは定かではないが、参戦したいと思う人はこちらのサイト(英語)から申し込むことができる。

とはいえ、実際にCTS-Vを運転した我々の意見としては、賭けるならキャデラックだと思っている。

Related Gallery:Review: 2009 Cadillac CTS-V