Felipe Massa comes home to Maranello, meets the new 458 Italia, laps Fiorano, smiles for fans [w/VIDEO]

フェリペ・マッサがフェラーリ本社を訪れた時の様子は下のビデオをクリック

我々にとって、フェリペ・マッサの不在はそれほど長く感じられなかったのだが、マッサ本人にしてみれば、暗いトンネルに入ったまま、一生出られないのではないかと思ったことだろう。今年7月に開催された第10戦ハンガリーGPの予選で、前方から飛んできたマシンのパーツがマッサの頭部を直撃するという事故が発生し、マッサは今シーズンの休場を余儀なくされた。

それ以降、フェラーリチームには実に様々なことが起こった。マッサの代役として、彼の先輩であり、元チームメートでもあるミハエル・シューマッハを起用するという話が持ち上がったが、シューマッハの首の負傷によって話は流れてしまった。フェラーリは、テストドライバーであったルカ・バドエルにシートを任せたものの成績は振るわず、たった2戦でフォース・インディア所属だったジャンカルロ・フィジケラと交代。フィジケラは、すでに2010年のリザーブドライバーとして就任することが決まっている。

さらにフェラーリは、今年限りでキミ・ライコネンとの契約を解消し、来季からマッサのパートナーとしてフェルナンド・アロンソを起用することを発表。こうして次々と人事が発表されるなか、フェラーリはここ10年で初めてとなる新開発エンジンを披露した(その間も、かつてのシニア・エグゼクティブがフェラーリを去り、新しいデザイナーが起用されている)。

長期間、戦線離脱を余議なくされたマッサだが、先日、ようやくフェラーリの本社があるイタリアのマラネロへ戻ってきた。彼はシミュレーターでの練習後、フェラーリが所有するフィオラノ・サーキットで、感覚を取り戻すためにGP2のタイヤを装着した旧型のF2007フェラーリでテストドライブをしたらしい。また新型458イタリアを見るため、工場へも立ち寄ったようだ。

フェリペ・マッサがフェラーリ本社を訪れた時の様子は下のビデオをクリック。また、その時の様子や、F2007でフィオラノ・サーキットを走行した時の写真もあるのでギャラリーでぜひチェックしてほしい。

Related Gallery:See Inside This $21.9 Million Bay Island Beauty




Related Gallery:See This Gorgeous, $14.9 Million Greenwich Estate