REPORT: Panasonic to follow the Tesla model of laptop batteries in cars

テスラ ロードスターの高解像ギャラリーは下の画像をクリック

リチウムイオン電池は、次世代の電気自動車にとって命とも言えるが、もともとは家電機器向けの電池技術だ。現在、自動車用のリチウムイオン電池の開発にしのぎを削っているほとんどのメーカーは、大型電池(角柱形)を生産している。そんな中、米国の電気自動車メーカー、テスラモータースだけはEV車向けの小型電池の開発に成功している。同社が開発したのは、EV車のテスラ・ロードスター向けの電池パック。ノートパソコンなどに使われているデジタル家電用の小型リチウムイオン電池6831個をベースとしたパックだ。

そこに飛び込んできたのがパナソニックのニュース。これまでハイブリッド車やプラグイン車向けに、ニッケル水素電池やリチウムイオン電池をトヨタと共同開発してきた同社が、デジタル家電用のリチウムイオン電池を内蔵した電気自動車向けの電池パックを開発したようだ。製造コストも従来の大型電池の半分ほどで済むという。既存の設備や機械を利用できることも製造コストダウンに一役買っているようだ。

しかし批評家たちは、既存の設備で小型電池を製造するのは、大型電池の新しい製造ラインを作るよりは安いが、今後、電気自動車の売り上げが好調な伸びを記録すれば、今よりも大量の小型電池の生産が必要になり、現地のやり方では追いつかなくなってしまうだろうと予測している。大型電池の利点は、小型電池に比べて、電池同士を連結させる作業と、組立作業がはるかに少なくて済むこと。さらに、車に搭載することを考えれば蓄えられる電気の量も多く、温度管理機能も優れている大型電池のほうが適しているのではないかとのことだ。

Related Gallery:Jason Calacanis' Tesla Roadster