PPG study says silver continues nine-year reign as most popular auto paint color

アメリカを始め世界各国で、最も人気の高い車のカラーは9年連続でシルバー系だそうだ。2009年に製造されたシルバー系の車両は全体のおよそ25パーセントで、前年より5パーセントも上昇している。シルバー系の人気は「変わらない」のではなく、「上昇中」なのだ。

シルバー以外でアメリカ人が好きな色は、白が全体の18パーセントで2位、次が黒で16パーセント、赤は12パーセントだ。その他の色は全部足しても全体の3分の1に満たない。シルバー系はヨーロッパとアジア圏でも人気ナンバーワンである。なぜシルバーはそれほど人気なのだろう? 自動車塗装メーカーの大手PPGインダストリーズ社のカラースタイリストは次のように分析している。

「単なるグレーなどよりもシルバーの塗装技術が発達したおかげでしょう。シルバーはますますメタリック感が増しました。シルバーと一口に言ってもメタルフレーク顔料を添加し輝きを増したものなど、微妙な色の違いがあり、多様化が進んでいます。車のデザインにあった塗装が施せるのがシルバーの魅力なのです。」

詳しくはプレスリリース(英語)をどうぞ。情報提供者に感謝!