シンガポールGPをその週末に控えた9月22日、埼玉県越谷市にあるイオンレイクタウンにおいてレッドブルのF1がデモンストレーション走行し、休日にショッピングモールに集まった人々にその迫力を見せつけた。

ドライバーは昨年現役を引退したデビッド・クルサードと、今年チャンピオン争いに絡んだマーク・ウェバー(残念ながらこの後のシンガポールGPでリタイア し、権利を失った)。駐車場内に特設されたコースで、ピットストップの再現からタイヤスモークを上げるドーナツターンまで披露。地上波でF1を観ている人 には懐かしい川井一仁氏によるインタビューににこやかに答えていた。

会場には観覧席などなく、狭いコース脇にひしめくようにしながら、人垣の隙間からわずか一瞬、F1の走る姿を見られたというような人がほとんどだったが、 湖の向こう側に建つマンションの壁に甲高く反響する究極の内燃機関のサウンドと、走行後に展示されたフォーミュラカーの機能美は、多くの人々の注目を集め ていた。

Related Gallery:レッドブルF1デモ 埼玉


だが実は、サーキットで聴ける「本気モード」の音はあんなものではないので、興味を持った人はぜひグランプリ観戦にも出かけてみて欲しい。 参考までに、レッドブルF1がスペイン・ヘレスサーキットで発表されたときの動画と、最も美しいサウンドを奏でると言われているフェラーリF1の音が堪能できる動画を紹介しておく。






今週末に開催されるF1日本グランプリには行けそうもないという人には、10月10日・11日に東京・お台場で開催されるMOTORSPORT JAPAN 2009がお勧めだ。トヨタとホンダF1の走る姿が見られるだけでなく、フォーミュラ・ニッポンやスーパーGTのエンジン音と「聴き比べ」もできる。
また、11月22日には富士スピードウェイにおいて「トヨタ モータースポーツ フェスティバル2009」TF109の他に、ニュルブルクリンク24時間耐久レースに参戦したレクサス LF-A(豊田章男現社長もドライバーを務めた)などが見られる。
そして2010年のF1日本グランプリは10月3日、鈴鹿サーキットだ。

最後に一言。F1パイロットの意見として、レッドブルは朝食としてシリアルにかけて食べると美味しいらしい。