VIDEO: Jay Leno explains his biodiesel-powered EcoJet, races a private plane

ジェイ・レノのエコジェットの映像は下のビデオをクリック

アメリカの人気トーク番組司会者、ジェイ・レノは、誰もがあこがれるような珍しい車やトラックを保有していることで有名だ。そんな彼のコレクションの中でも、「エコジェット」は特に際立っている。この車は、化石燃料を使わないスーパーカーを作りたいというレノの思いから開発が始まったもので、バイオディーゼルを燃料とすることが特徴の一つだ。採用されたエンジンはハネウェル製のジェットタービンエンジン、LT-101。そのパワーは、最高出力750ps、最大トルク96kgm(48,000rpm)を誇っている。

アルミ製のシャシーはカーボンファイバーのボディに覆われており、サスペンションはシボレーコルベットと同じものが使用されている。トランスミッションは、ゼネラルモーターズ(GM)の4速オートマチック。独自のギアボックスにより、エンジンの回転数を48000rpmから6000rpmまで落とすことが可能だ。

アイドリング時だけでも202psのパワーを制御するため、ブレーキシステムにはブレンボ社の特注カーボンファイバー製ブレーキディスクと、6ピストンキャリパーが採用されている。車内のダッシュボードは、マイクロソフト社が設計を担当。インターネットに常時接続されたWindows Vista搭載のパソコンも設置されている。

ビデオの中でレノはカリフォルニアの公道をエコジェットでさっそうと走る姿を披露してくれている。滑走路では、プライベートジェットとの対決も。この勝負をどちらが制したか知りたい方は、ビデオをクリックして映像を確認してみよう。

Related Gallery: